「お金の小学校」マネースクールクリックして詳細を見る>>

【初心者】投資の勉強方法をご紹介!まず最初に学ぶべき基本用語も徹底解説

株式投資の勉強をこれからしたい、または現在やっている株式投資について更に勉強したいという方の中には、勉強方法についてお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事では、株式投資の勉強方法や、株式投資初心者におすすめの勉強方法についてもご紹介していきます。

株式投資初心者の方もこの記事を読むことで、株式投資の基礎について学び、株式投資の勉強を自主的に進められるようになりますよ。

お金の小学校 勉強 マインズプランニング 足利
この記事の内容

株式投資の勉強方法は?

最初の項目では、株式投資に関して勉強したいが勉強法がわからないという人に向けて紹介していきます。きちんと必要な知識を身につけて、資産を増やしていきましょう。勉強を始める前に注意しておきたいのは、株式投資と投資信託は別のものであるということです。

言葉は似ていますが、投資信託はお金を預けた専門家が投資相手を判断します。対して、株式投資は自分で投資相手を判断するものです。基本的な内容ですが、混合しないようにしましょう。

株式投資の知識や経験によっておすすめの勉強方法も違う

株式投資に関する知識は、始める人全員が、同じレベルの知識を身につけていく必要はありません。理解度の状況により、スタートする位置が異なります。自分に必要な知識を選択して学習を行わないと意味はなく、時間を無駄にしてしまうでしょう。

この項目では、初心者と知識が多少ある人向けの勉強法を紹介していきます。

初心者におすすめの勉強法

まったくの0からスタートで何から始めたらよいのかわからないという初心者は、株式投資に関する用語の意味や基本的な取引の仕組みから学びましょう。そのために、基本的なことをきちんと理解できる環境を用意しましょう。特に、株式投資においては利益を出す方法だけに目を向けるのでなく、損失が出るリスクに関しても学べる環境が重要です。

例えば、既に株式投資で生活を豊かにしている先輩に質問できる環境を作ったり、基礎的な内容を学べる書籍を用意しておいたりすることができるでしょう。学習は始め方が肝心です。入り口を失敗してしまうと長続きしない、誤った知識を身につけてしまうということになりかねません。

株式投資の知識が多少ある方におすすめの勉強方法

株式投資の仕組みは理解している人は、具体的な投資方法などの内容について学びましょう。株式の売買方法や証券会社の違い、株価の見方など、実際の取引の流れを学ぶことで実用できるようになります。また、世の中に数多く存在する証券会社のどこか合っているのかという選び方などの情報収集を主体的に行いましょう。

株式投資初心者が知っておきたいこと

株式投資初心者が最初に知っておくべき、用語やメリット、デメリットについて解説していきます。立派な株式の投資家になるには、株を始める際の勉強の仕方も重要となってくるのです。株初心者として必要な知識をきちんとつけ、株式投資家として活躍していきましょう。

基本用語を押さえよう

株式投資を行う上で、知らない専門用語が多くでてきます。株式投資というのは、基本用語などの知識をつけることは、学習の第一歩です。正しい知識をきちんと身につけて、株式投資で成功への道を進むことをおすすめします。

この項目では、基本中の基本を紹介するので、知らなかった方は頭に入れておきましょう。

株価チャート

株価チャートという用語は、株価の動きを1日や1週間、1か月といったスパンで確認できるグラフ表のことをさします。株価チャートを見ることは、株式投資家としては当たり前になってくるのです。株価チャートを材料にして投資する銘柄を定めていきます。

テクニカル分析

株価の相場を分析する手法は、2つあります。その1つが、テクニカル分析と呼ばれるものです。この分析方法は、株価チャートからトレンドやパターンなどを読み取ることで、今後の株価の動きや為替動向などを予想するという方法になります。

ファンダメンタルズ分析

もう一つの株式の相場分析方法が、ファンダメンタルズ分析です。世間の景気動向や金融・財政政策などが、株式市場に対してどういった影響を与えるのかを予測する方法です。この分析方法は、情報量が多いので習得するのは困難といえます。

しかし、習得できれば精度の高い分析を実現することができるので、勉強してみる価値があるといえるでしょう。

NISA

近年はNISAという言葉を耳にすることが増えてきました。NISAとは、通常の株式投資と異なり、投資によって出た利益に対して非課税という制度のことです。通常の株式投資の場合、株式や投資信託などの金融商品に投資をして出た利益対しては、20%の税金がかかります。

節税にもなり安全性も高いので、投資初心者であれば積極的に活用したい制度です。

iDeCo

IDeCoとは、個人型確定拠出年金という制度のことです。老後に利用するための資金を形成する年金制度となります。自分で投資する商品を見極め投資を行い、60歳以降に利益を受け取るという仕組みです。

国の年金のみでは不安な人や、節税効果を求めている人から人気を集めている制度となります。

株式投資のメリット・デメリットを理解しよう

株式投資は、お金が増えていくという良い面に目が向きがちです。しかし、株式投資を行うためにはメリットとデメリットの双方をきちんと、理解した上でおこなうようにしましょう。

株式投資のメリット

株式投資でのメリットとしては、値上がり益や配当金、株主優待があげられます。株価の上昇による値上がり益を狙っている投資家が多いでしょう。その他には、配当金を受け取るなど、株主であることで得られる株主優待が発生することがメリットになります。

株式投資のデメリット

株式投資の最大のデメリットとしてあげられるのは、元本保証がないという点です。株式投資で失敗や損をした場合に、投資した金額の保証はありません。利益と損益という点をうまく考えながら取り組むことは、株式投資を行う上で重要です。

お金の小学校 勉強 マインズプランニング 足利

株式投資は何から勉強すればいい?

では、株式投資を行う場合は一体何から勉強を始めたらよいのでしょうか。初心者や知識がある人がすべき勉強方法に関しては、前半に紹介しました。しかし、何から初めて良いのかはわからない部分も多いと思います。

この項目では投資の勉強法を解説していくので、今後の参考にしてみてください。

雑誌や本などの書籍

雑誌や本には非常に多くの株式投資に関する本が存在しています。身近な存在であるので手に取りやすいため、入り口として良いでしょう。

しかし、全ての本が同じことを書いているとは限りませんし、あなたの状況に適した本であると限りません。株式投資の本や書籍を選ぶならば、レビューを調べたり、信頼できる人がおすすめする本を選んだりするようにしましょう。

新聞

株価に関しては、様々な新聞に載っています。しかし、専門的に見る場合は日本経済新聞を代表とする経済新聞を読みましょう。経済新聞に記載されているのは上場企業の業績や決算内容、為替相場などの経済関連のことが中心です。

株価を予想する上で、これらの情報は大きく影響してきます。株式投資を行う場合は、敏感にチェックしておきましょう。

会社四季報

会社四季報は株価を読む上で、非常に重要なツールとなります。国内の上場会社の基本情報や株価、業績といった情報が記載されている内容です。これを見ることで、各年度の業績を確認が可能ですし、企業の成長力を判断することができるでしょう。

インターネット

現在は、インターネットやアプリを使って株式の勉強をすることもできます。株式投資家のブログやSNSにも、ヒントや考え方などがあるので読むだけで勉強になるのです。また、証券会社は新規の株式投資家を増やす目的から初心者向けのページを用意している場合もあります。

今や一番身近な存在であるインターネットを駆使して株式について勉強をはじめてみるのもよいでしょう。

まとめ

株式投資を行う場合は、基礎知識をきちんとつけておかなければ、大きな損をして後悔してしまうかもしれません。あなたの状況に適した環境で勉強をはじめてみてはいかがでしょうか。老後の資金形成や運用という点でも株式投資は非常に注目されている存在です。

本やインターネットでの勉強に不安がある場合は、セミナーや勉強会に参加して専門家から学ぶと良いでしょう。マインズプラニングは、「お金の小学校」というお金の知識をつけることができるセミナーを開催しています。興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

\身近なIFAともっと仲良くなりたい方はコチラ/

個別無料相談のお申込み

お気軽にお問合せください♬
ちょっと聞いてみたいでもOK!
オンラインでの対応も可能です

LINE友だち追加

今なら3つの特典プレゼント
疑問や悩みいつでもチャットで質問できます!

この記事を書いた人

FP&IFA 石井修一です

資産運用 投資 IFA 相談 資産形成

<Profile>

有限会社マインズプランニング
代表取締役 石井修一

20代の頃にお金の知識がなく、今で言う超情弱レベルで苦労してきました。
仕事を通じてお金の教養をつけていく過程で、金融リテラシーの重要性を再認識し、IFAとして保険と資産形成のアドバイザー活動をしています。

趣味:グルメ巡り、旅行、甘いもの、ゴルフ、読書

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容