「お金の小学校」マネースクール申込みする!

年収450万の手取りはいくら?生活レベルは?年収450万の実態を公開

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「年収450万円の手取りってどのくらい?」

「また、その手取りだとどのような生活が送れるのだろう?」

このように、年収450万円について気になっているかたもいらっしゃるのではないのでしょうか。

今回の記事では、年収450万円の手取り年収450万円の生活年収アップの方法についてご紹介します。

本記事を読むことで、年収450万円の様々を知ることができます。また、年収アップの方法についても知ることができます。

お金の小学校 勉強 マインズプランニング 足利
この記事の内容

年収450万の手取りとは?

年収が450万円と言われても、手元には全て残りません。それは一体何が引かれて、給与として手元に残るかご存じですか。この項目では、手取りと呼ばれるものの計算方法などを年収450万円の人を想定して紹介していきます

日本のサラリーマンの平均年収は?

国税庁が調査したサラリーマンの平均年収は、約400万円と言われています。年齢別で見てみると、20代前半は300万円で20代後半は400万円です。30代前半は500万円で30代後半は590万円と年齢を重ねるごとに経験を積んでいき昇給をしていくことが数字で出ています。50代前半で700万円程度となりの年収がピークとなります。

月収と手取りの違い

450万円の年収があっても全てが手に入るものではありません。450万円から社会保険料や年金などが引かれた金額が、手元に残ることになります。手元に残る金額が「手取り」と呼ばれるものです。月収がどれだけあるのかとテレビ番組等で芸能人らが聞くシーンをよく見ますが、実際手元にあるのは、手取りと呼ばれるものしか残らないのです。

引かれる税金の詳細

実際に「月収」から何が引かれることで「手取り」になるのかを紹介します。それは、税金です。社会保険料や住民税、所得税に年金などを会社が支払い業務を本人の代わりに行うことで、手取りしか給与としては手元に残りません。

社会保険料は、医療保険が月収に対して約5%、年金保険が約8%で雇用保険が約0.5%と言われています。月収の額によって納付する金額は変わるということです。そのため、収入が多い人はその分、税金も多く支払う必要があるということになります。

年収450万の手取り額は実際いくら?

年収が450万円の場合は、社会保険料(医療保険・年金保険・雇用保険)や所得税は計算方法があるので正確に算出可能です。しかし、住民税など細かい状況がわからないためトータルの税金総額は正確には出す事ができません。年収450万円の場合は、おおよそ100万円弱が税金で引かれることが予想できます。そのため、手取りの金額は約350万円ほどになるようです。月収でいうと、約30万円になります。

年収450万のボーナスはいくら?

マイナビの調査発表した内容によると、年収400万円台の人間が受け取るボーナス平均額は約75万円です。ボーナスを含めるとなると、手取り金額は変わるので、ボーナスを収入に入れると手取りは約23万円ほどになります。税金は、実に多くの金額を持っていくということです。

お金の小学校 勉強 マインズプランニング 足利

年収450万の生活

年収450万円という金額は、30代後半〜40代前半のサラリーマンの平均年収となります。その生活は、果たしてどうなのかを想像していきましょう。同世代のサラリーマンの方ならば、自分の生活と比較してみてはいかがでしょうか。

年収450万の住宅ローンの相場はいくら?

年収450万円の人が住宅ローンを組む場合は、借入上限額は約4400万円くらいになるでしょう。これはあくまでも、マックスで借りた場合ということです。4400万円を借りてしまうと毎月の返済が13万円くらいになるので、生活は困窮します。

生活を崩さないためにも、適切な金額をお金の知識をつけて考えていく必要があるということです。

年収450万の家賃相場はいくら?

家賃に関しては、年収の3割弱を目安にすることが良いと言われています。年収450万円ならば、家賃は9万円ほどがベストと言えるでしょう。住んでいる地域にもよりますが、9万円を支払えば、満足できる広さの部屋を契約できるはずです。

年収450万のマイカーローンの相場はいくら?

マイカーローンは、年収の3割以下と言われています。年収450万円で計算すると、約140万円以下です。年収に合わせて、生活を崩さないようなローンを組むことが重要です。車を購入する際は、計画的に資金の準備をしておきましょう。

年収450万から生活費を除くと使えるお金はどれくらい?

年収450万円で独身と想定すると、余裕のある生活を送ることができるでしょう。家賃に9万円を支払ったとしても、毎月15万以上が手元に残ります。そのため、趣味や娯楽、交友関係にお金を使える生活を送ることが可能です。

年収450万の理想的な貯金は?

続いて、貯金の面です。手取り金額の10%〜20%を貯金に回すというのが一般的に多くなっています。年収450万円の人ならば、手取りは350万円くらいですので、10%の35万円〜70万円を貯金に回すことが理想と呼べるでしょう。大きな額に感じるかもしれませんが、将来への用意として貯金は非常に重要になってきます。

年収450万円でも結婚はできる?

全く問題はないですし、むしろ好条件に入るでしょう。しかし、独身であれば余裕ある生活を送れますが、結婚して配偶者の費用もとなると苦しいかもしれません。将来的に子供が欲しいと計画する場合は、共働きが必要という答えにはなるでしょう。

50万から年収を上げたい方におすすめの方法3選

年収をあげるための選択肢は様々なものがあります。たとえ、有名大学を出て有名企業に勤められていないから無理ということではありません。人間、モチベーションを高く保てば不可能はないと言えるでしょう。

この項目では、年収をあげるために効果のある代表的な3つの方法を紹介します。

1:社内で出世する

1つ目に、現在勤務する企業で、出世することです。出世することで昇給や手当がつきます。そのため、収入アップへ繋げることができるでしょう。目標金額を稼ぐためには、階段をたくさん登る必要があるかもしれませんが、仕事で評価されて収入が上がるという一隻二鳥の方法です。

2:転職する

2つ目は、転職をすることです。転職をすれば、積んできたキャリアや有資格が評価され収入アップへと繋がるかもしれません。同じ業界や業種でも評価方法が異なる場合もあるので、収入アップをすぐにでも実現したい場合は、最良の手段となるでしょう。

3:副業をする

3つ目に、副業をスタートすることです。本業の仕事以外に労働時間が増えると、肉体的にも精神的にも辛い思いをするかもしれません。しかし、この空いている時間を有効活用することで収入を増やす手段となります。

現在は、パソコン1台あれば自宅で動画編集や記事作成などができるので、注目はされています。しかし、副業を禁止している企業も多いので、社内規則などをきちんと確認するようにしましょう。

また、マインズプラニングではお金の知識をつけるための「お金の小学校」というセミナーを開催しています。お金に関する知識を身につけて、お金の動かし方を身につけるのはいかがでしょうか。興味や関心のある方は、ぜひご参加ください。

まとめ:年収450万の手取りは約350万である。年収アップしたいなら努力してみよう。

年収450万円は、税金を引くと手取り350万円です。独身で生活をするならば、非常に余裕のある生活を送ることができるでしょう。貯金を行い、将来に備えておくことが理想的です。

しかし、結婚して子供が欲しいと思うと少し苦しいかもしれません。年収をあげるためにも紹介した方法をとることやお金の知識をつけて、資産を運用していくことをおすすめします。

\身近なIFAともっと仲良くなりたい方はコチラ/

個別無料相談のお申込み

お気軽にお問合せください♬
ちょっと聞いてみたいでもOK!
オンラインでの対応も可能です

LINE友だち追加

今なら3つの特典プレゼント
疑問や悩みいつでもチャットで質問できます!

この記事を書いた人

FP&IFA 石井修一です

資産運用 投資 IFA 相談 資産形成

<Profile>

有限会社マインズプランニング
代表取締役 石井修一

20代の頃にお金の知識がなく、今で言う超情弱レベルで苦労してきました。
仕事を通じてお金の教養をつけていく過程で、金融リテラシーの重要性を再認識し、IFAとして保険と資産形成のアドバイザー活動をしています。

趣味:グルメ巡り、旅行、甘いもの、ゴルフ、読書

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる