「お金の小学校」マネースクール申込みする!

生命保険のこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!

就職や結婚、出産など人生には何かしらの転機があります。

そう言った転機が訪れた時によく考えるのが「生命保険に加入しよう」「生命保険を見直ししよう」
もしくは周りから生命保険について考えた方がいいよと、言われて考えるケースもあるかと思います。

ここで注意して欲しいのは、生命保険に加入することが目的ではないということです。

当社では、とりあえず生命保険に入った方がいいかな、みんな生命保険に入ってるから生命保険考えよう、社会人になったんだから生命保険くらい入っておこう、そんな間違った知識で生命保険に加入することなく正しい情報正しい知識をもって生命保険を選択できるよう提案します。

この記事の内容

日本の公的制度は世界トップクラス

IFA 石井修一

生命保険を考える上で、外せないのが公的制度です。日本の公的制度は世界でもトップクラスの水準。
すでに「世界最高の生命保険に加入している」と思っておいてください。

高額療養費制度

誰もが知っている「健康保険」には高額療養費制度というものがあります。簡単にいうと、健康保険で医療を受けた場合に月の医療費がある一定以上の金額になったらお金が戻ってくる制度。
収入などによって限度額は変動しますが、自己負担額には限度があるってことを知っておいてください。

傷病手当金

こちらも健康保険の適用により支給される制度。難しい話はおいといいて簡単にいうと、業務中に怪我をして休んだ場合に健康保険から収入の一部補填されるということです。

スタッフ 平林

健康保険加入は国民の義務です。上記で紹介したように生命保険を考える上で、世界最高の生命保険と言われる健康保険にはみなさん加入している、ということを踏まえる必要がありますね。

生命保険を考える前にしておく心構え

IFA 石井修一

公的制度を理解した上で、生命保険を考える必要があるというのは理解できましたでしょうか?
ここで生命保険を考える上で、意識しておきたい心構え、注意点をお伝えします。

心構え・注意点!
  • 生命保険を選択するのに数字的根拠を持って選択すること
  • 生命保険は必ず入らなければいけないものではない
  • 万が一時があったとき、生活にどのような影響があるかを考える
  • 保険料が安ければいいものではない!生命保険に無駄に加入するなら1円でも高い
  • 生命保険は家の次に高い買い物と言われているのをよく考えてみてください
  • 生命保険に加入して安心ではない、生活環境・社会環境は変化する
  • 節税のために加入した生命保険、節税するのは法人税?相続税?
  • 生命保険の最大メリットは「受取人固有の財産」

こんな失敗例もあるので参考にしてみてください。
失敗から学ぶこともあります。

マインズの生命保険プランニングの特徴

もう一度言います、生命保険に加入することが目的ではない!

生命保険プランニングの特徴
生命保険 見直し 相談 足利市

準備することは白紙のノート

生命保険は100人いれば100通りの選択肢があります。
お客さまの想いや悩み、今後起こり得るライフイベント、家族状況や経済状況など必要な情報を聞いていきます。そのため私たちは準備することは、頭を白紙で望むこと

生命保険 見直し 相談 足利市

生命保険に加入する意味

生命保険に加入する目的のひとつ”問題解決のため
ライフプランシミュレーションの結果から問題課題の解決策を提案します。問題解決には必ずしも生命保険である必要はないものあります。

生命保険 見直し 相談 足利市

最善の手法を選択する

当社は、複数の生命保険会社から保険商品の選択をします。お客さまごとに最適で最善の生命保険商品を提案します。

\お気軽にお問合せ・ご相談ください!/

\お問合せはこちらから/

個別無料相談のお申込み

お気軽にお問合せください♬
ちょっと聞いてみたいでもOK!

LINE友だち追加

今なら3つの特典プレゼント♬
いつでもチャットで質問できます!

この記事を書いた人

FP&IFA 石井修一です

資産運用 投資 IFA 相談 資産形成

<Profile>

有限会社マインズプランニング
代表取締役 石井修一

20代の頃にお金の知識がなく、今で言う超情弱レベルで苦労してきました。
仕事を通じてお金の教養をつけていく過程で、金融リテラシーの重要性を再認識し、IFAとして保険と資産形成のアドバイザー活動をしています。

趣味:グルメ巡り、旅行、甘いもの、ゴルフ、読書

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる