「お金の小学校」マネースクール申込みする!

福利厚生制度導入のこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!

企業の課題として従業員の確保と定着化が挙げられます。確保も大事ですが、優秀な従業員が定着化してくれることも大切ですね。
従業員確保と定着化の向上の一環として、企業型確定拠出年金制度を活用するサポートをしています。

この記事の内容

企業型確定拠出年金制度とは

確定拠出年金制度とは、平成13年6月29日に確定拠出年金法が成立し、同年10月に施 行されました。

第一章 総則
(目的)
第一条  この法律は、少子高齢化の進展、高齢期の生活の多様化等各の社会経済情勢の変化にかんがみ、 個人又は事業主が拠出した資金を自己の責任において運用の指図を行い、高齢期においてその結果に基づいた給付を受けることが できるようにするため、確定拠出年金について必要な事項を定め、国民の高齢期における所得の確保に係る自主的な努カを支援し、 もって公的年金の給付と相まって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。

確定拠出年金法

確定拠出年金は、毎月一定額(=確定拠出)を組み立て、それを運用 していく方式です。日本の年金制度(国民年金や厚生年金)は 現役世代が払った保険料をその時の受給者に使う賦課方式ですが、 確定拠出年金は将来の自分のために積立をする積立方式です。
また、 2014年1月より加入資格年齢が60歳から65歳までの規約に定める年齢まで引上げが可能となりました。

企業型確定拠出年金導入サポート

当社で取扱う企業型確定拠出年金制度は、「リモデル選択制401K」
特徴として、

  • 導入まで約3か月のスピード申請
  • 制度導入は1名から可能
  • 会社負担ゼロでも始められる確定拠出制度

「従業員のじぶん退職金の積立」を実現します

詳しい資料はこちらから

リモデル選択制401K「じぶん退職金の積立」PDF資料

企業型確定拠出年金導入について、不明な点や聞きたいことがありましたら、お気軽にお問合せください。すでに導入している企業でもご相談可能となってます。

企業型確定拠出年金投資教育サポート

確定拠出年金制度導入企業がまだまだ少ない中、個人型確定拠出年金の加入者増加で投資傾向は強まってきたとは思いますが、課題は多くあります。

継続投資教育

確定拠出年金法では、企業型年金を運用する事業主に対して「事業主の責務」として、継続的な投資教育の実施が努力義務として課せられています。

投資教育で加入者に提供する具体的内容は、確定拠出年金の法令解釈通知において大きく4つにわけて定められています。

  • 確定拠出年金制度等の具体的な内容
  • 金融商品の仕組みと特徴
  • 資産の運用の基礎知識
  • 確定拠出年金制度を含めた老後の生活設計
社労士 田巻訓一

継続投資教育を自社で準備して、自社の社員でまかなおうとすると負担も増えますし、なかなかうまく出来ません。

当社では、継続投資教育の実施も承っております。導入後も安心のサポート体制を用意しています。

福利厚生 満足度 従業員 相談
WEBでの開催も可能

継続投資教育サポート

  • 年4回のお金の勉強
  • お金の相談窓口
  • 従業員のライフプランサポート
  • 資産形成アドバイス

企業型確定拠出年金制度の詳細について
お気軽のご相談ください

\お問合せはこちらから/

個別無料相談のお申込み

お気軽にお問合せください♬
ちょっと聞いてみたいでもOK!

LINE友だち追加

今なら3つの特典プレゼント♬
いつでもチャットで質問できます!

この記事を書いた人

FP&IFA 石井修一です

資産運用 投資 IFA 相談 資産形成

<Profile>

有限会社マインズプランニング
代表取締役 石井修一

20代の頃にお金の知識がなく、今で言う超情弱レベルで苦労してきました。
仕事を通じてお金の教養をつけていく過程で、金融リテラシーの重要性を再認識し、IFAとして保険と資産形成のアドバイザー活動をしています。

趣味:グルメ巡り、旅行、甘いもの、ゴルフ、読書

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる