「お金の小学校」マネースクール申込みする!

お金のセンスを磨くには?センスを磨いてお金に困らない未来を創造しよう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

お金のセンスを磨いて、生涯お金に困らないようにしたいと思いませんか?この記事を読めば、お金のセンスの磨き方やセンスのある貯め方がわかり、楽しく前向きにお金を貯めることができるようになります。

お金のセンスは生き方にも表れるものです。お金のセンスを磨いてお金に困らない未来を創造していきましょう。

受講の詳細はコチラ

初心者でもマスターできる
”お金の小学校”

全3回マネースクール+教材書籍

通常16,500円のところ
1,980円(税込)で実施中!

この記事の内容

お金のセンスの磨き方とは?3つのポイント

お金は生活する上で必要不可欠なものです。毎日使うお金ですが、ただ使うだけではセンスは磨かれませんし、増えもしません。お金のセンスをあげていくことで、お金の力を増大させ、未来のお金への不安を軽減できると考えてみましょう。

そこで、今回はお金のセンスの磨き方として3つのポイントを解説していきます。同じ金額が手元にあってもお金のセンス次第で未来は変わってくるので、この記事を読んで普段の生活におけるお金のセンスがよくなる方法を身につけていきましょう。

1:お金のセンスの良い人を手本にする

お金センスの良い人の真似をするというのは、自分のセンスを磨く一番の近道です。センスの良い人が、普段の生活でどのような商品をどこで購入しているのかという人間観察から始めましょう。質問や観察の中で考え方や行動パターンが見えてくるはずです。

何事も真似から初めてみると、わかってくるものがありますよ。自分に応用できる部分を取り入れて、お金のセンスを磨きましょう。

2:衝動買いをしない

お金のセンスを磨くことと、衝動買いとは真逆の行為といえるでしょう。お金が湯水のように湧いてくる人ならば、思いついた物を買っても支障はないかもしれませんが、ほとんどの人がそうはいきません。そのため、お金のセンスには「支出の質」が求められるのです。

支出の質の観点から必要な考え方を2つ解説します。この意識を常に持っておくことでお金の支出は大きく変わっていくでしょう。

長期的に必要なモノか考える

お金センスのある人というのは物の購入をする際に、長期的な目線から結論を出すことが得意です。「その瞬間しか使わない」といった短期的な利益より、「今後も使っていくものなのか」や商品の耐久性など、長期的な利益を優先させます。そのため、商品に関するリサーチや今後の使用環境の想定などに時間をかけて購入の判断を下すのです。

今持っているモノで代用できないか考える

無駄な支出を抑えることも当然、重要になります。そのため、商品購入の際は、新しいものを本当に買う必要があるのかという判断を慎重にする必要があるのです。既に、現在持っているもので代用できるのであれば、そちらで対応するという判断を下しましょう。

最新の商品がベストかもしれませんが、購入が必要となるような付加価値がない限りは支出を抑える方向で進むことになるのです。また、代用できるものがないのかを確認するためには自分の持っているものをしっかり把握しておくことも必要となります。

整理整頓を普段から行って、現在何を持っていて何に使えるのかを把握しておきましょう。

3:お金の知識を得る

お金のセンスがあるということは、常にお金の勉強をし知識をつけているとも言えます。経済状況へのアンテナを張っていることはもちろん、資産形成や運用にも力を入れているのです。また、お金のセンスのある人は、セミナーや勉強会へ積極的に参加しています。そこで、最新の知識をつける努力をしているのです。

マインズプラニングでは、「お金の小学校」というセミナーを開催中です。お金に関する様々な知識をつけることが可能ですので、興味ある方はぜひ参加してみましょう。

お金のセンスの高さが表れる4つの生き方

ここまでは、お金のセンスの磨き方について解説してきました。しかし、お金のセンスがいい人には、生き方のどこにセンスの高さは表れるのでしょうか。お金のセンスの良い人が生き方の中で出す、センスの高い部分について知ると、身近な人が当てはまるかもしれませんよ。

そうなると、当てはまった人の生き方を真似するところから始められるので、お金のセンスを磨くチャンスになるでしょう。

1:自己投資をする

お金を自分の成長のために使っている人は、お金のセンスがあると言えます。トレーニングジムや学校に通うことはもちろん、読書やセミナー参加と余暇時間を自分磨きに充てている意識の高さを感じられます。お金を自分の目標を叶えるために費やせるのは、お金のセンスが高い生き方なのです。

2:株式投資をする

お金のセンスが高い人は、株式投資にも力を入れています。お金を銀行口座に預けておくのみならず、お金を株式投資などに投じることで、増やす努力をしているのです。働いて得るお金のみならなず、お金を元手にお金を稼いでいます。

株式投資は、頑張れば頑張るほど、対価を得られるものではありません。そのため、お金の使い方という点で、センスが試されることにもなるでしょう。

3:資産運用をする

資産運用に関しても株式投資と同様です。お金は預けているだけでは増えませんので、資産運用という形で、預けている間にもお金にお金を稼がせています。資産運用を行って老後への資金など将来への準備を着実にしているともいえるでしょう。最近では積立NISAやiDeCoといった制度によって資産運用のハードルは下がっていますので、少額から資産運用を初めてみることをお勧めします。

老後の資金準備は、考えたその瞬間に始めることができます。お金のセンスの高い人は、現在のみならず未来も見ているのです。まだまだ先のことなどと考えずに、この機会に行動に移すこともお金のセンスの高さを感じる行動になりますよ。

4:お金がないと口にしない

たとえ、お金がない状態であろうと、お金のセンスが高い人は「お金がない」とは、口にはしません。お金がないことを言い訳にしていては、自分にとって必要な行動を取ることができないからです。株式投資や資産運用は、損をすることも当然あります。お金のセンスが高い人は、なぜ無い状態になったのかを分析し、取り返すための努力をスタートさせています。

いつもお金がないなどという、ネガティブな言葉を発するところにはお金は寄って来ないのです。お金のセンスが高い人は、再度お金を呼ぶ方法を考えて、意欲が高くなっているはずなので、苦しい状況でも前向きな姿勢になります。

お金のセンスのある貯め方とは?

お金のセンスのある人は、どのように貯金をしているのでしょうか。この項目では、お金センスのある貯め方に、焦点を絞っていきます。すぐに始められることばかりですので、今後の参考にしてください。

目標額を決める

貯金をする上で、目標金額の設定は必要です。目標を設定することで、貯金のモチベーション維持につながります。貯金のみならず、何事にも目標がないと人間はどうしてもモチベーションが低下してしまうのです。貯金をするならば、目標設定は不可欠となります。

貯めたお金で何をするか決めておく

お金はいくら貯めても、使わなければ価値がありません。目標額を決めるという点の延長で、なんのために使うお金なのかをきちんと設定しておきましょう。買いたいものや旅行へ行きたいなど具体的な金額を目標にすることは、楽しみを感じながら貯金することにもつながります。

明確なゴールが必要

目標金額も目的もなく、ただ貯金を続けるというのはモチベーション維持が難しくなります。目標がないまま貯金を続けると衝動買いなど、誘惑に負けてしまう原因にもなってしまうのです。

明確な目標金額というゴールが見えていれば、そこへ向かって、ただ努力を続けられます。欲しいものを購入することや旅行先での思い出、老後の資金など貯金は生活を豊かにするものばかりです。

また、目標金額を貯金できた際の嬉しさや安心感、達成感は成功した人しか味わえません。現在は、スマートフォンから銀行口座を確認できます。目に見えるようにしておくこともゴールへの道から迷わない秘訣と言えるでしょう。

まとめ:お金のセンスを磨いてお金に困らない未来を創ろう

お金は、使うことへの意識を持っていないと自然に消えていきます。そのため、お金のセンスを磨くというのは非常に重要なことになるのです。同じ金額を持っていても、お金のセンス次第で未来は変わってくるといえるでしょう。

お金のセンスの良い人になっていくようになるために、真似をすることやセミナー、勉強会に参加しておかねのセンスを磨いていきましょう。

\お問合せはこちらから/

個別無料相談のお申込み

お気軽にお問合せください♬
ちょっと聞いてみたいでもOK!

LINE友だち追加

今なら3つの特典プレゼント♬
いつでもチャットで質問できます!

この記事を書いた人

FP&IFA 石井修一です

資産運用 投資 IFA 相談 資産形成

<Profile>

有限会社マインズプランニング
代表取締役 石井修一

20代の頃にお金の知識がなく、今で言う超情弱レベルで苦労してきました。
仕事を通じてお金の教養をつけていく過程で、金融リテラシーの重要性を再認識し、IFAとして保険と資産形成のアドバイザー活動をしています。

趣味:グルメ巡り、旅行、甘いもの、ゴルフ、読書

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる