「お金の小学校」マネースクールクリックして詳細を見る>>

【初心者向け】お金を貯めたいひとが失敗しないために最初にすること

貯金 初心者 貯める ライフプラン

数あるご相談の中で「お金を貯めたいけど中々できない」「どうやって貯めればいいのか分からない
そんな声をよく聞きます。

今回の記事では、
そんなお金を中々貯められない初心者向けに失敗しないために最初にすることをお伝えます。

この記事を最後まで読むことで、きっと皆さんのお金に対する考え方を最適化できます。

この記事の内容

そもそもなぜ、お金を貯めなければいけないのか?

お金を貯めるってひと言で言っても、なぜ貯めなければいけないのかが明確になってないと行動に移すことは難しくなってしまいます。

皆さんダイエットってしたことありますか?
なんとなく始めてなんとなくダイエットしてると続けるのって大変ですよね?

  • 健康に気をつけたいから
  • 体型が変わって洋服がキツくなってきた
  • モテたい!

などなど、人それぞれ理由があってダイエットを始めたりしてると思います。
なんとなくで初めても目的がしっかりと明確にないと、結局甘えてしまって「ま、いっか」になってしまいますよね。

それでも継続することが難しいって方もいるかと思いますが、
それはまた別の原因があるので後半で伝えていきますね。

「お金を貯めたい」にも何かしらの目的・目標がないと3日坊主で終わってしまいます。
なんとなく将来が不安だなぁ、貯めておいた方がいいなぁってレベルだとなんとなくおざなりになってしまうのも仕方ありません。

  • 教育資金にためにお金を貯めたい
  • 老後資金のためにお金を貯めたい
  • 家を買いたいから貯めたい

そのような大きな目標を立てるケースもあるかと思います。
ただその場合もやはり先すぎてあまり今の行動に影響を与えないってことも考えられます。

例えば、
年収300万円の人が「年収1億目指すぞ!」と意気込んで仕事に取り組んでいるとします。
頑張れば達成できるかもしれませんが、普通に考えて途方もない先の話になりますよね?

仮に1年間めちゃくちゃ頑張って、結果が年収320万円だったらどうでしょう?

あと、9670万円・・・・諦めるにはしょうがないと思ってしまう差になりますよね笑

ここで大事なのは、目的・目標に対して明確な道筋(おおまかでもOK)を見える化することです。
大きな目標を立てることはとても素晴らしいことですし、大切なことです。

その大きな目標に対して目の前の小さな目標を積み重ねることができないと、すべて机上の空論になりかねません。

目的・目標までの道筋を見える化する

ちょっと買いたいものがあって、来月まで少し節約して絶対買おうって思えば人は頑張れますよね?
大きな先ではないちょっと先のことなら現実的に何をすればいいのか?何が足りないのか?が見えています。

将来の目標に対してこの道筋を見える化することがお金を貯めるための最初の一歩となります。

例えば、30歳男性で3年前に結婚して1歳のお子様がいる家庭のAさん
将来の教育資金や老後資金、これからの生活資金は大丈夫なのか漠然と不案を感じています。

Aさんは安心できる老後資金と子供進学に自由な選択を与えたいのと旅行などの趣味の時間も大切にしたいと考えています。
どのくらいの資金が必要になるのか?細かい計算をすると難しくなってしまうのでざっくりと計算します。

  • 老後資金・・・5000万円
  • 教育資金・・・1400万円(私立四大一人暮らし)
  • 旅行などレジャー費用・・・年20万円×40年=800万円
  • 自家用車の購入・・・300万円(7年に一回買い替え)×7回=2400万円
  • 住宅にかかる費用・・・3000万円(住宅ローンを利用)

など大きな支出を洗い出ししてみます。
これを時期に合わせていつどのくらいの資金があればいいのかを整理します。

上記の場合だと
まず毎年20万円と7年後の車購入費300万円が最初の目標になります。
単純計算すると毎月53000円ずつ貯めていかなければなりません。

では、将来のお金に目を移した時に教育資金がどのくらいのペースで貯めればいいでしょうか?
お子様が1歳で18歳時までに貯めると計算すると毎月68000円貯めていかなければなりません。

また、老後資金も貯めると考えると
仮に65歳からの資金と考えた場合、5000万円を貯めるには毎月119000円を貯めなければなりません

この計算だけだとAさんが望む目標を達成するためには、毎月24万円貯めなければならないという計算になります
無理だぁあああって思いましたかね?笑

この目標と必要な毎月貯めなければならない金額を踏まえて、現状はどうなのか?をしっかり把握します。

こうやって数字にして見える化すると、なんとなくでお金を貯めようと思っても難しいことは理解できましたでしょうか?
銀行預金も超低金利の時代、ただ貯金をしていても目標達成はほんとに大変です。

それを実現させるためには無駄な支出を省くことも大切ですが「増やす」という作業が必要になります。
増やす作業に関する内容はこちらの記事をぜひ参考にして下さい。

継続するために必要な心構え

継続することができない方の特徴としてそもそもの「必要性を理解していない」という面があります。

また、お金に関する知識を学ぶ場がなかった(=金融教育の環境がなかった)ことも原因として考えられます。
今の70代80代は高度経済成長で給与はうなぎのぼり、余ったお金は銀行に置いておくだけでどんどん増えていった時代です。

なので、そもそもお金の知識とか要らなかったわけです。
仕事で出世することが人生成功する最短の道筋だったんです。結果的に寝る間も惜しんで働くことが美学となってました。

それが今は、終身雇用の崩壊・超低金利・物価上昇・年金水準の低下・増税など
生活していく上でマイナスのニュースばかり

そのような環境の中、どのようにして目標に対する貯金をしていけばいいのか?
お金の教養やお金を貯めるための習慣、資産をもっているひとはどうやって資産を作ったのか。

無料のセミナーで伝えていますので、興味がある方やこれから貯金したい・貯金を増やしたいという方は気軽にご参加ください。


\身近なIFAともっと仲良くなりたい方はコチラ/

個別無料相談のお申込み

お気軽にお問合せください♬
ちょっと聞いてみたいでもOK!
オンラインでの対応も可能です

LINE友だち追加

今なら3つの特典プレゼント
疑問や悩みいつでもチャットで質問できます!

この記事を書いた人

FP&IFA 石井修一です

資産運用 投資 IFA 相談 資産形成

<Profile>

有限会社マインズプランニング
代表取締役 石井修一

20代の頃にお金の知識がなく、今で言う超情弱レベルで苦労してきました。
仕事を通じてお金の教養をつけていく過程で、金融リテラシーの重要性を再認識し、IFAとして保険と資産形成のアドバイザー活動をしています。

趣味:グルメ巡り、旅行、甘いもの、ゴルフ、読書

貯金 初心者 貯める ライフプラン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容