「お金の小学校」マネースクール申込みする!

がん保険見直しのメリットデメリットと必要性を保険のプロが徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

がん保険に入ってはいるものの、

いざというときに満足な給付金がもらえるのかな?

そもそも自分のがん保険は自分に合った内容なのかな?

こういった悩みをお持ちのかたもいらっしゃるのではないのでしょうか。

今回の記事では、がん保険の見直しのメリット・デメリット、おすすめの保険相談窓口などについてご紹介します。

この記事を読むことで、自分に合ったがん保険を見つける第一歩を踏み出せることでしょう。

この記事の内容

がん保険の見直しの必要性とは

国立研究開発法人国立がん研究センターがん情報サービスが調査発表をしたデータによると、日本人男性で65.5%、女性で50.2%が生涯でがんになると言われています。がんという存在は、いつ誰がなってもおかしくはない病気と認知されるようになってきました。そのため、がん保険は非常に重要な存在となっており、内容を定期的に行う必要があるのです。

がん治療に必要なお金

がん治療にかかるお金は、個人それぞれの状況にもよりますが、社会保険制度適用前は入院費用だけで60万円前後かかると言われています。3割負担で考えても、約20万円ほどだということです。さらに、がん治療というのは厚生労働省が認可した自由診療や先進医療というものが存在しています。

これらの治療が適応される場合は、保険診療が適用しませんので、高額な費用が掛かることになってしまいます。その額にかかる費用は、約300万円と言われています。

がん保険ならどんなガンにも対応できるのか

がんと言っても、体のどこに発症するかという予想はできません。がん保険は、どこに発症した、どんながんにも対応できるのかが気になりますよね。結論は、保険会社によっては保障されないものがあります。

特に、上皮内新生物と呼ばれるものをご存じでしょうか。これは、初期のがんであり、手術で取り除くことが可能かつ再発しないというものになります。上皮内新生物という存在は、保険会社ごとに扱いが違い、保障されない場合があります。

がん保険と医療保険の違い

医療保険でも、がん治療に対して保障できるものもあります。しかし、がんは誰がいつ発症してもおかしくない存在ですので、がん保険という特化した保険が必要なのです。がん治療は、一度手術したら大丈夫というものではありません。

再発防止に向けて人生とともに向き合っておかなければならない存在です。そのため、がんという病気に特化した保険で、様々な面からのサポートが必要となります。がん特約というものは、先進医療などを上乗せ保障できるものもあります。

がん保険の見直しをするメリット

この項目では、がん保険を見直しをすることで得られるメリットを見ていきます。この項目では、代表的なメリットを2つ紹介します。がん保険に加入中の方や今後加入を検討されている方は、参考にしてみてください。

自分の歳にマッチした保障内容へ

1つ目に、自分の年齢に適した保障内容なのかを確認することです。厚生労働省が発表したデータによると、がんは40代以降の死因で一番多い存在となっています。加入してから時間が経っている保険である場合は、保障内容が現在の年齢にマッチングした内容になっているでしょうか。

その時の自分の年齢で起きる可能性があることに、対応した保険なのかは見極めていく必要があるのです。また、先進医療が適応という場合はどうなるのかなど、治療技術の進歩に合わせて保障はどうなるのかも確認を忘れないようにしてください。せっかく加入していても、いざという時に保障されないのであれば、掛けてきたお金は意味を持たなくなるかもしれません。

保険に加入中の人は必ず、保険内容は定期的に見直すようにしてください。

治療方針にマッチした保障内容へ

2つ目に、治療方針にあった保障内容なのかということです。がん治療というと入院して治療という時代から通院で治療という時代へ変化していっています。そのため、保険の内容で入院給付金は高くても、通院への保障が少ないという場合もあります。

また、保障内容を見直して、本当に必要な内容なのかも判断してください。治療方針は医師が決めることなので、判断は勝手にできませんが、どのような状況でどんな保障があるのかは把握しておきましょう。他社の保険と比較していくことも必要となってきます。

一度、がんになった人でも入れる保険など各社サービスを充実させているので、比べる機会になるかもしれません。

がん保険の見直しをするデメリット

がん保険の見直しにメリットがあれば、当然デメリットもあります。メリットの良い部分の身だけを見るのではなく、デメリットを理解しておくことが重要です。必ず、確認しておきましょう。この項目では、代表的なデメリットを2つ紹介します。

新規保険に入れない可能性

1つ目のデメリットは、新たにがん保険に入れるという保障はないということです。保険会社は、加入を望む人全員を受け入れるわけではありません。健康状態や職業などを保険会社に告知した上で、保険会社が加入を判断します。

当然、健康状態が良くない場合であれば、保険会社は保障を行う頻度が多くなるかもれないと考えるのです。そのため、がん保険を見直して、新たに加入を望んでも入れないという可能性があるということを頭に入れておきましょう。

がん保障の免責期間

がん保険に限らずがんに対する保障には免責」期間があります。通常90日となっており、加入から90日間はがんを原因とする治療や医療費には支払いされない期間です。

もともと加入しているがん保険を見直しして新たながん保険に加入したとしても、免責90日間は適用されます。
加入時にこの点は必ず確認をして検討することおすすめします。

保険料アップの可能性

がん保険は、年齢が高くなるほど掛け金も大きくなります。それは、年齢が高いほど病気発症のリスクが高くなるためです。保険の見直しを行い、解約して別の保険に加入となると、スタート年齢が高いことになります。

結果的に、保険料は上がってしまうことがあります。選択肢として、解約でなく現行の保険にカスタマイズなど付加をしていくことがおすすめです。

マインズプランニングでは「お金の小学校」というお金に関するセミナーを行っていますので、参加されるとお金についての知識をつけることができますよ。興味のある方は参加してはいかがでしょうか。

おすすめの保険相談窓口 5選

いざ保険に加入する際に、どこのどの保険に入れば良いのか迷うのではないでしょうか。アフラックや富士生命などは、テレビCMなども広告を出していて、有名だからという理由で選んでいいのか迷っていませんか。インターネットの口コミをチェックするのも選択する方法の一つです。

しかし、インターネットから資料請求をすると電話がしつこいなどのイメージがあるため、なかなか一歩が踏み出ない人もいるのではないでしょうか。そこで、この項目では、保険に関する相談に乗ってくれる代表的な窓口を5つ紹介しますので、参考にしてみてください。

1:ほけんのぜんぶ

1つ目は、ほけんのぜんぶです。相談員は全員FP保有者であり、35社の保険会社に対応し、充実したサービス内容を誇ります。対応地域は全国であり、オンライン相談を行うことも可能となっています。

2:保険見直し本舗

2つ目に紹介する保険見直し本舗は、保険の提案はもちろんのこと契約締結後のフォローまで力を入れています。店舗数は業界ナンバーワンを誇り、100万件以上の圧倒的な実績です。また、訪問型のサービスも行っており、お客様それぞれの状況に合わせた対応ができることも魅力となっています。

3:保険市場

3つ目に紹介するのは、業界でも老舗である保険市場です。84社の保険会社を取り扱っており、東証一部上場している大きな相談窓口となっています。こちらも全国対応可能で、オンライン相談も可能です。

4:保険マンモス

4つ目は、相談満足度95%を誇る保険マンモスです。保険相談の業界で、高い実績を誇っています。相談員はFPを含めて、様々な有資格者で構成されているため知識が豊富です。また、お客様対応にも力を入れており、失礼な対応があると相談員に警告が出る仕組みとなっています。そのため、お客様が満足いくまできちんと対応してくれます。

5:ほけん百花

5つ目に紹介する、ほけん百花は相談者が保険を理解する、見つけることをテーマにしています。相談員の金融知識に対するレベルの高さはもちろんのこと、顧客満足度も非常に高いものになっているのです。また、相談員のほとんどが女性であるため、きめ細かなコミュニケーションで、お客様目線で考えていくことが魅力となっています。

まとめ:がん保険の見直しをしてみよう。

がんという病気は、いつ誰がなってもおかしくない存在となりました。しかし、早期発見や早期治療を行うことで治る病気でもあります。そのため、いつでも対応できるように保険はきちんと準備しておくことが必要です。どれも一緒であると思っていると、いざ必要な時に保障されずに後悔することにつながりかねません。そうならないためにも、この機会に、がん保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

\身近なIFAともっと仲良くなりたい方はコチラ/

個別無料相談のお申込み

お気軽にお問合せください♬
ちょっと聞いてみたいでもOK!
オンラインでの対応も可能です

LINE友だち追加

今なら3つの特典プレゼント
疑問や悩みいつでもチャットで質問できます!

この記事を書いた人

FP&IFA 石井修一です

資産運用 投資 IFA 相談 資産形成

<Profile>

有限会社マインズプランニング
代表取締役 石井修一

20代の頃にお金の知識がなく、今で言う超情弱レベルで苦労してきました。
仕事を通じてお金の教養をつけていく過程で、金融リテラシーの重要性を再認識し、IFAとして保険と資産形成のアドバイザー活動をしています。

趣味:グルメ巡り、旅行、甘いもの、ゴルフ、読書

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる